読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数奇草

四畳半に魅せられた理系学生の備忘録

僕を綴る

 

 文字を書くという行為はほとんどの人が経験したことがあるだろう。
 親しい人に手紙をしたためるとき、講義の板書を写すとき、ちょっとしたことを紙に書き留めるときなど文字は様々なところで活躍する。
 

 僕は文字を見たり書いたりするのが好きだ。綺麗に字が書けた日は上機嫌にさえなるほどだ。
 とはいっても型にはまったような文字は好きではない。一人一人の個性がにじむような文字、その人を表わすような文字を見るのが好きなのだ。

 最近はパソコンで手軽に文字が打てるようになった。判を押したようなつまらない文字の羅列が今日も氾濫する。紙の上をペンが走るあの感覚も、走るときにたてられる爽快な音もいまや消えつつある。

 ただ無機質で豊かさも感じられない。惰性で連なる文字列。不自然なほど綺麗に整えられた世界で今日も僕は不器用に生きる。