読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

数奇草

四畳半に魅せられた理系学生の備忘録

前身

2月27日

生まれてこの方初めて、休日というものを体感した気がした。 私は思えばいつも何かに気を張っている、これは一種の強迫観念かもしれない。最近とくに気にしているのは、夏に控えた大学院入試とこれからの自分の研究者としての道筋だ。あーでもないこーでもな…

ちょっとしたメモ

サイエンス社の力学演習は日本語出来ない物理学者()が書いたものだからイライラする。あと、原島の質点の力学、質点系・剛体の力学も主語がなかったり、長文がだらだらと書かれていたりして読むのに疲れる。

昨日ノ現と今日ノ夢

昨日は空腹でふらつきながらなんとか死力を振り絞って買い物に行く途中で少し不思議なことがあった。 小雨がぽつぽつと降り始めた空の下、傘もささずに道路脇で一人佇む老婆。僕は一体何をしているのかと訝しげに通り過ぎようとしたが、老婆はなにやら僕に言…

深層心理?

適当な題材を選んで日記をつけようとすると、僕は必ず最初に「自分の文章力」について書こうとしてしまう。 そもそもこの日記を思い出したかのようにつけるのにはどれほど自分の文が上達したかを確かめるという理由がある。 しかし、それにしたって似たよう…

やつは変わったんだ……!!

スポ根のよくあるネタとして、孤高のエースがチームメイトを頼るということを憶えたときに監督とかガヤとかが「やつは変わったんだ……! 人を信頼するということを学んだんだ!」みたいなのがありますよね。 実を言うと、僕もつい最近まで孤高のエースを気取…

僕が(勝手に)仲の良いと思う人には共通点がある。 それは少なくともあるところで僕がその人を尊敬しているという点だ。 安定感があったり、目上の人との距離感が上手だったり、ぶれない心があったり、教養があったり、僕はその人を追いかけたいという憧れ…

久々の長期帰省

僕が実家に帰省してから半月が経過した。 関西のうだるような暑さから逃れるために東北に引っ込んでいるわけなのだが、一向に関西は涼しくなる気配が見られない。どうやら今年は残暑が厳しいらしい。そろそろ帰りたくなってきた頃合いなので僕が関西に戻るの…

僕を綴る

文字を書くという行為はほとんどの人が経験したことがあるだろう。 親しい人に手紙をしたためるとき、講義の板書を写すとき、ちょっとしたことを紙に書き留めるときなど文字は様々なところで活躍する。 僕は文字を見たり書いたりするのが好きだ。綺麗に字が…

きみのせかい

私はきみが好きだ。きみのことを見るたびにきみの見る世界がどうなっているのかと思う。 きみの瞳はいつも綺麗だ。透き通るように黒い瞳は輝いていて、きみのせかいがどんなに眩しいものかわかる。 きみの瞳に映る景色はすべて綺麗にみえるんだろうなあ。私…

したい、なりたい、しりたい

音楽を題材にした作品で「音」に触れるたびに僕は必ず後悔することがある。それはピアノを習っておけばよかったというものである。 両親は決して僕にピアノを習う機会を与えなかったわけではない。というかむしろ、ピアノを習いたいか幼いころの僕に尋ねたこ…

タイトルをつけるのが億劫

高校時代の悪友のIが約1年半を同棲生活の末にゴールインした。 これだけなら誰にでもあり得そうな平々凡々なことだ。しかし、Iはまだ僕と同じ大学生なのだ。つまるところ、彼は学生結婚をしたのである。しかもその結婚理由が出来婚なのだから少し僕は心配で…

目まぐるしく過ぎゆく年月

先々週は僕の変化のない大学生活にしてはちょっと刺激的なことがあったのでそれを今日からだらだらと書き連ねたいと思う。 まず、祖父が亡くなって生まれて初めて葬式に参列した。住職が念仏を唱えている中で参列した人たちがお香を供えて手を合わせる様をぼ…

早いもので5月も残すところ今日を含めて3日になっていた。(と思っていたらすでに日付は30日だったようで一日損をしてしまった。) 今年は五月病にかからないぞと意気込んだ僕は精力的に上旬は過ごしていた。しかし、今になってそのしわ寄せが来たらしくや…

レールに沿って生きる

小学校からの友人に久々に誕生日を祝うメールを送った。彼は今年から新社会人になり、僕みたいな学生からしてみたら未知の世界に足を踏み込んだように思える。 それでも彼はあまり変わっている様子もなく、毎日を過ごしているそうだ。 社会に出るとはどうい…

まだまだ考え中のこと

僕は実は考えているようで考えていないのではないだろうか。 このことを考え始めたのはここ最近(というか大学に入って)からだ。学問をするうちに自分の思考が脳の表層だけでうろうろしているような気がしたのだ。 もちろん考えるというのには所謂「武器」…

今日の成果(復習)

・今まで当たり前だと思っていたことに名前がつけられていた。 a:b=c:d⇒a+c:b+d (加比の定理) 盲目的に使ってきたから改めて定理として眺めてみるともしかしたら私はこれを使いこなしていないのではないかという不安が脳裏をよぎった。 算数といえど…

嬉しい発見

高校からの友人とアパートの近くの定食屋に赴いた。 その定食屋に関する情報はあまり持っておらず、半分博打気分で生姜焼き定食を頼んだところ案外美味しかった。 元々僕は自炊派なので友人とでしか外食はしないのだが、その数少ない機会で近所のあたりの店…

今期の目標

今日から大学の講義が始まることだし、思い出したかのようにここに今期の目標を綴ろうと思う。 まずは勉強面から今期中に読破したい学術書のリストアップ(2016/4/8現在) ・熱力学-現代的な視点から- 田崎晴明 ・熱力学の基礎 清水明 ・理論電磁気学 砂川重…

第三十夜

天気が優れない日が続いている。雨の日は人が外にあまりいないので僕は好きだ。人のたてる音が雨音で相殺されるし、視界も灰色がかる。つまり、他人の存在が希薄になるのだ。 そして、曖昧でぼやけた世界で独りぼっちの僕は淀んだ空を見上げている。その顎先…

第二十九夜

若者よ悩め。 僕には一つ年上のとても優秀な兄がいる。昔から僕は兄の影に隠れてその足跡の上をこっそりついてきただけにすぎない。 思えば人生の分かれ道ではいつもその後ろ姿ばかりを追っていた。 十代のころに誰もが遭遇する人生の岐路は「進路」である。…

第二十八夜

一人暮らしというのはとても辛いものだ。それは自分を見つめる時間が多くなるからである。そしてそれをしたくがないために、遊びや趣味に逃げる人が多いのが事実だ。 自分を見つめるのはとても辛い。僕は何度も鬱になりかけたし、ずっとイライラしてしまう日…

第二十七夜

僕は明日の代数学の中間試験を受けないことを決意した。 僕は数学専攻をしようと考えている人間ではない。それなのになぜ代数学の講義を受けているのかというと、単なる「興味」である。面白そうと思ったから受けてみただけの話なのである。 それじゃあ単位…

第二十六夜

僕は文字を書くのが好きだ。大学の講義でのノートもいかに美しく仕上げられるかという縛りを自分に課しているくらいだ。 文字を見るだけでその日の気分がよくわかる。頭が回らなくてむしゃくしゃしてる日は止めや跳ねが乱雑になっているし、やる気に満ちてい…

第二十五夜

簡単に要約できるような日々はとても不毛だ。大学に通うか家にいるかバイトをしているほぼ僕の日々はこの三要素で構築されている。幼少の頃から家の近くには年の近い子供がおらず、高校の頃も学校のある市内まで直線距離で30kmほど離れたところに住んでいた…

第二十四夜

目がチカチカして画面を見るのが辛いです。

第二十三夜

最近めっきり寒くなってきた。東北から関西にでてきた僕でもこ寒いものは寒い。確かに冬になっても全く雪が積もらないし路面が凍ることもない関西は天国のようなものだが服の隙間を通り抜ける北風は僕の身体から体温を根こそぎかっさらっていく。 あまりの寒…

第二十二夜

とある哲学の本に書いてあった。この世は我々の脳が我々に見せる幻覚に過ぎないのではないかと。 暖かいという感覚がしたから脳はそのイメージを作り出し我々に認識させる。ふわふわの綿菓子を見たらそのイメージを我々に認識させる。この世は夢と同じだ。…

第二十一夜

今日は自分の勉強不足を痛感した日だった。 自分の学問を追究すれば、政治などの世間への関心が薄れる。学問の追究ばかりでは疲れるので、外にでてぶらぶらしたくなる。要するに時間が足りない。 さらに言えば僕のやる気にもムラがある。今日みたいになんと…

第二十夜

すぐ怒ったりする人は心に余裕がない人らしい。実際僕も一人暮らしを始めてからイライラしやすくなったと思うところがある。知らず識らずのうちに家族に囲まれていることは僕のことを癒してくれていたのかもしれない。 かなり前なのだが新聞の社説のページ…

第十九夜

ものすごい寝坊をした。おかげさまでアニメでよくある「いけない!遅刻、遅刻〜!」と言いながら道を爆走する女子高生の仮装をしてバイトに向かう羽目になった。(ハロウィンということもありこの程度の仮装なら誰も気にも留めなかったが) 1日の始まりが慌た…

第十八夜

今日の朝の僕はやる気に満ち溢れていた。今日はたくさん予定があるからどれから始めに手をつけようかと有意義な時間を過ごす気満々であった。 時は流れて、今、現在。夢破れた(?)男がとあるアパートの一室で寝転がって本を読んでいる。 今朝立てた計画はそ…

第十七夜

皆さんはワンパンマンという漫画をご存知だろうか。僕は初めはアンパ◯マンのパロのつまらない漫画だと思っていたがこれはどうやら誤解だった。 たまたま読む機会がありなんとなくパラ見したらその瞬間にハマってしまった。 アンパ◯マンなんて比ではない。い…

第十六夜

人は目標があることが原動力となりやる気にも繋がるが、逆に目標がありすぎるとやる気がなくなってしまうものだ。このことは頭の中ではわかっていたが、いざ自分のこととなってみると容易には気がつけないものだと思った。(僕の頭がお粗末さんなだけかもし…

第十五夜

久々の雨が降っている。平日の昼間の雨には閉口するが、夜の雨は好きだ。一定のリズムを刻むアマオトに耳を傾けながら読書をすること以上に贅沢なことはないと思っているからだ。 個人的に好んでいる著者は貴志祐介さんや乙一さんなのだが、他にも色々な本を…

第十四夜

眠い。僕は今ものすごい眠気に襲われながらこの文章を書いている。僕くらいの年代の人は徹夜なんて余裕みたいな人が多いはずなのだが僕はそんなの無理だ。何せ一日八時間はぐっすり寝ないと気持ちよくなれない体質なのだから。 人間、生きている時間の中で睡…

第十三夜

僕がぷかぷか浮かぶ雲を眺めていると話しかけてきた人がいた。その人はあまりに暇すぎて時間つぶしにでもと釣りに来ていたらしい。そう、僕はちょうど橋のたもとあたりで雲を眺めていたのである。 その人(仮にAさんとする)は昼間は街の中をパトロールする…

第十二夜

今日はあまり書く気分じゃない。というのも先ほどふざけてどれほど不味い物が作れるのかと言うことを実験してしまい、その後遺症が残っているからだ。もちろん完食した。気分が最高に悪いです。

第十一夜

僕は人混みが苦手らしい。それは人の数が多いだけ処理する情報が多くなるからだ。 そんな僕に救いの手を伸ばす物がある、それは「秩序」であり「ルール」だ。ある程度型にはまった行動を相手がしてくれるのでその分予想も立てやすくなる。 しかし、世の中に…

第十夜

今日は知人のO氏と映画を観に行った。映画を観に行くなんて中学生の頃以来のことなので内心僕はかなりワクワクしていた。 映画のタイトルは「心が叫びたがってるんだ。」略してここさけだ。 主人公の女の子とそれを見守る少年に焦点が当てられていて、その…

第九夜

今まで喧嘩ばかりしてきたけどあの人と仲良くなりたい。 何を言っているんだ。あいつはすぐに裏切る姑息な奴らだ仲良くなる必要なんてこれっぽちもない。どうせ話したところであいつは悪人さ。 僕は今まで通り自分からは殴り返さないよ、まぁさすがに殴られ…

第八夜

人間、誰しも不調な日はあるものだ。しかしそれにしても最近の僕はあまりにも不調すぎると思う。生命の維持には欠かせない食に対する意欲さえ失われている始末だ。 それならばと充電するために1日部屋に引きこもってみても肩が凝って仕方がない。座りすぎで…

第七夜

何もしたくない日は引きこもるに限る。全ての予定を無に帰し、自分は孤独に机の前の椅子に座る。 そして、特にすることもないからしばし空想の世界へ旅にでる。 そこには喜怒哀楽があり醜さや美しさ全てをひっくるめて成り立っている。 そこは現実のように…

第六夜

赤い水滴が果物ナイフからしたたり落ちている。目の前には首筋から大量の赤い液体をまき散らして倒れている人がいた。その顔は苦悶で醜くゆがんでおり彼の最期の憎しみや悲しみを表しているように感じた。 ここまでは計画通りだった。ここにくるまでありとあ…

第五夜

昨日は決壊したダムのように鼻水を排出していた鼻が今日は調子がよかった。生まれて初めて花粉症にでもなったのかと思ったがどうやら思い過ごしだったようだ。 じつは今日は僕の誕生日であった。例年は身内からの祝いしかないのだが今日はアルバイト先の方々…

第四夜

今日は一ついいことに気がつけた日だった。 僕はしばしば作り話をして人を笑わせようとしてしまう。このとき僕は内心嘘をついているという自覚から罪悪感で胸が一杯になっていた。なぜなら幼い頃から嘘をつくことはしてはならないことという規律が脳内にすり…

第三夜

僕の部屋には同居人がいる。彼女はいつも部屋中をうろうろしている。僕が机に向って作業をしているときも僕の視界の隅でかまって欲しいかのようにちょこまかと動き回っている。 今日も僕が椅子に座ってくつろいでいると目の前を横切っていった。しかし、よく…

第二夜

先月買ったばかりのヘッドホンが断線した。元々は二階の住人のBobの騒音を緩和するために買ったのだがこうも早々と壊れられてしまっては壮絶な虚無感しか感じない。 こんな時に僕は今日の不幸せは明日の幸せというよくわからない標語を唱えることで自分の中…

第一夜

意気揚々と始めたはずなのに何故僕は昨日のうちに昨日の分をあげられなかったのだろうか。 じつはこれには深い訳があるのだ。 昨夜バイトを終えた僕は家に帰って温かいシャワーでも浴びようと考えていた。 しかし、仲良しのおじさんに夜釣りに誘われ、断るよ…

第零夜

なぜか自分の記録を書き残しておこうかという観念に襲われ、知らぬ間にいつもは個人の趣味で書いてるはずの駄文を世界に発信し始めてしまった。 ここでは赤裸々に僕に起きた出来事を書こうと思う。 しかし、僕は大嘘つきなので書いてあることは全部嘘かもし…